乳酸菌ってどんな働きをしているの?

 

乳酸菌についてちゃんと知ってますか?

 

善玉菌や悪玉菌という言葉を聞いたことがあると思います。
善玉菌は体を健康へ導くような働きをし、その逆で酸性の物質を出して体に悪影響をおよぼすのが悪玉菌。これらを総称して腸内細菌と呼びます。
私達の体には、この腸内細菌が100種類以上も存在しており、その総数は100兆個にもなると言われています。
そして、腸の中で人の体を健康にするよう働いてくれている善玉菌を乳酸菌と呼ぶのです。

 

 

乳酸菌という名前の由来は?

 

乳酸菌というとどのようなイメージを持っていますか?
乳という文字が付いていることから、チーズやヨーグルトなどの乳製品に含まれていると思っている方も多いのではないかと思います。
ですが、乳酸菌という名前の由来は、乳酸という酸を出すことにあるのです。

 

ですから、植物由来の発酵食品であるキムチや味噌、醤油、漬物、さらには韓国のお酒であるマッコリにも乳製品と同様に乳酸菌は含まれているのです。

 

 

3つに分類される乳酸菌の種類

 

乳酸菌の分類方法は主に3つです。まず一つ目は、乳酸菌の棲息場所による分類です。
人や動物などの腸内に棲息している乳酸菌は腸管系乳酸菌、植物由来の漬物屋果実、穀物などに棲息している乳酸菌は植物性乳酸菌、動物由来の牛乳やチーズなどに棲息する乳酸菌は動物性乳酸菌と呼びます。

 

次に挙げられるのは、食品科学の視点からの分類です。
この方法では、食べた後も生きたまま腸まで届くことができる腸内乳酸菌と、乳製品の発酵のために使われる酪農乳酸菌の2つに分類します。

 

そしてもう1つが、乳酸菌の形状によって分類する方法です。
丸い形の乳酸菌は乳酸球菌、棒状の乳酸菌は乳酸桿菌と呼びます。
その他にも、発酵形式によってホモ型乳酸菌とヘテロ型乳酸菌などに分類する方法や、発育条件によって分類する方法もあります。

 

 

乳酸菌はどのような働きをするのでしょう?

 

善玉菌である乳酸菌が、腸内でしている働きは大きく4つに分けることができます。

 

1. 病原菌が腸に侵入してくるのを防ぐ働きです。
2. 腸内の悪玉菌が増殖するのを防ぐ働きです。
3. 目は、腸を活発に運動させることによって、便秘を予防する働きです。

 

腸の中から体全体の免疫機能を高める働きです。これを知ると、乳酸菌がどれだけ人の健康に役立ってくれているのかが分かりますね。

≪総合ランキング≫乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリメント ビフィーナS おすすめ 

乳酸菌サプリメント 善玉菌のチカラ 人気 

乳酸菌サプリメント 乳酸菌革命 口コミ 

乳酸菌サプリメント 善玉菌のチカラ

フジッコ

「善玉菌のチカラ」

トップクラスの整腸作用!

特別価格:1,950円

乳酸菌サプリメント 乳酸菌革命

サンミリオン

「乳酸菌革命」

内側から綺麗にケア!

特別価格:2,730円

乳酸菌ってどんな働きをしているの?

花菜

花菜の選べる乳酸菌

5,000億個の乳酸菌が…!

特別価格:3,000円



>>>トップページに戻る